1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
INFONET_REPORT 2021年3月5日 INFONET_REPORT
コヨーテ!
カリフォルニアは不動産も物価も税金も高くて、他州へと人口が流れて行く傾向にありますが、それでも気候温暖で異種文化、異民族に寛容なのでまだまだ人気があり、全米最大の人口を抱えるということは変わらないでしょう。(それでも、日本よりちょっと大きい面積に4千万人が住んでいるのですから、日本よりはるかにゆったりしているとは言えるでしょう。)

住宅が増えると、その地に住んでいた野生動物たちは押しやられて生きる糧を失っていきます。私はサンディエゴに45年住んできましたが、最初はよく見かけたシカや、多すぎて困ったほどのスカンクはほとんど見かけなくなりました。

逆に人間との共存に長けていて、むしろ数が増えている動物もいます。その筆頭がコヨーテ。我が家の周辺にもたくさんいます。昼間は見かけることはまずありませんが、夕方から朝早くまでは彼らが自由に行動する時間。夜歩きした猫がコヨーテに連れて行かれるという話は珍しくありません。犬だって、小さければコヨーテの餌にぴったり。暗くなったら犬を散歩に連れて行かないように、と注意されています。

住宅地から離れたところでは、昼間でもコヨーテは大っぴらに行動します。上の写真のコヨーテは郊外の貯水池に出てきたものです。カメラを向けたサンディをジィ〜っと見つめて、立ち去って行ったとか。

アメリカ先住民の間では、コヨーテはずる賢くて、変装もしてヒトを騙すと思われていたとか。日本人にとってキツネのような存在だったのでしょうか。日本の稲荷神社のように、コヨーテを祀る先住民部族もいるかどうか…

これまで頑張ってきた野生動物たちとはうまく共存していきたいと思います。


写真:サンディ•スミス(カリフォルニア州ラモナ在住)
文: 雨宮和子(カリフォルニア州デルマー在住)

ページトップへ 過去のREPORT
NEWS
○[ガルテン〜私の庭物語]第27回[一度は泊まってみたい名建築旅館]がアップされました。
http://www.kenkyu-kai.info/essay/detail.php?name=harada
○[やもめ日記]第33回「自然の力」がアップされました。http://www.kenkyu-kai.info/essay/detail.php?name=johnson
2021年3月6日
○ [縁の下のバイオリン弾き] 第183 回「あぶら」がアップされました。http://www.kenkyu-kai.info/essay/detail.php?name=nishimura
2021年3月1日
○ [ボーダーを越えて] 第211回「2020年から蘇る(3)」がアップされました。http://www.kenkyu-kai.info/essay/detail.php?name=amemiya
2021年2月19日
○[ぴくせる日記]第32回「遠距離教育」がアップされました。http://kenkyu-kai.info/essay/detail.php?name=hashiba
○ [僕の偏見紀行] 第268「沖縄1週間(1)那覇まちまーい」がアップされました。http://www.kenkyu-kai.info/essay/detail.php?name=tokitsu
2020年12月31日
○ [寄り道まわり道]第90回「移りゆく心」がアップされました。
http://www.kenkyu-kai.info/essay/detail.php?name=yoshida
2020年1月8日
〇 [葉山日記] 第125回「「老人」たちの海」がアップされました。http://www.kenkyu-kai.info/essay/detail.php?name=nakayama
2019年1月1日
推奨ブラウザについて
Internet Explorer 5.0 以上のブラウザでご覧ください。それ以外のブラウザでは、機能の一部が正しく動作しない、表示が崩れる、等の不具合が発生する場合があります。
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 2 1 9 0 9 8 3
昨日の訪問者数0 5 0 1 5 本日の現在までの訪問者数0 4 9 3 2