1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
なんでも掲示板●詳細表示
一覧表示画面に戻る
14169 宗教と女性
中山 2015/01/10 10:38
自分のフェイスブックで西村さんのエッセイ「宗教と女性」をPRしてみました。「誘導作戦」実験です。西村さん構わないですか。

https://www.facebook.com/toshi.nakayama.5

上記URLはフェイスブック登録してなくても見られる、はずです。
修正 | 削除
以前の投稿
14173 Re: facebook
中山 2015/01/10 15:09
混乱させてすみません。実験だけです。通常はご当人がfacebookアカウントを持っていないとfacebookのページは見られない(前者)のですが、アカウントなしでも入れる方法(後者)がわかりました。こんど私のフェイスブック内にアカウントがないひとでも見にこれるページを造ってみますね。

現在

中山が「今回の事件を予告したようなエッセイ」
K会員が「これは鋭い指摘だ。」

として研究会URLをフェイスブック上で紹介しています。
修正 | 削除
14174 Re: facebook
西村 2015/01/10 16:37
了解です。ありがとうございました。
修正 | 削除
14176 Re: facebook
kuroren 2015/01/11 00:47
西村さん

初めまして!K会員です。
公開してみたのですが、こちらは見られますか?
https://www.facebook.com/yasufumi.kuroiwa.3/posts/902577409761192?notif_t=like
修正 | 削除
14177 Re: facebook
西村 2015/01/11 05:08
黒岩さん、
はじめまして。今回はおかげさまで入ることができました。どうもありがとうございました。コメントもありがたいです。
修正 | 削除
14178 Re: facebook
kuroren 2015/01/11 12:10
西村さん、よかった!実験成功ですね。
中山さん、どうやらアカウントを新しく作らなくても投稿コンテンツのみの公開設定で解決しそうです。規定では公開の範囲が「友達」となっているところを「公開」にすればよいようです。
ただし、その結果どのように公開されるのかは、facebookほぼ初心者の私にはわかりません(-_-;)
修正 | 削除
14180 「宗教と女性」を読んで
雨宮 2015/01/11 20:36
とても思慮深い考察だと思いました。

シャルリー・エブド襲撃事件で、イスラム教に対する反感が一層激しくなり、それで極右の国民戦線が勢力を伸ばすことが懸念され、そしてまた、そういう傾向が世界中で広がりそうですが、そんな中で、不合理なのはイスラム教だけではないと指摘するのはとても大切なことだと思います。

そのことを映画の事例でわかりやすく説いたのは、あっぱれだと感心しました。

どの宗教も、純粋に人を苦悩から救うために始まったのに、組織化が進み、組織そのものが強力になっていくと、帰って人を苦しめるような決まりでがんじがらめになってしまうようですね。イスラム教だってムハマドが始めた頃は、女性も力を持っていたし、そのことが認められていましたもの。

キリスト教の不合理を、ヨーロッパ人は民主主義の概念で乗り越え手、新しい社会制度を打ち立てたわけですが、民主主義を世界中に広めずに、世界の大部分を植民地にしてしまった。イスラム圏で欧米勢力の植民地に陥らずにすんだのは、トルコだけですね。

だから、イスラム圏の人々が民主主義の概念をすんなりとは受け入れられないのも無理ないように思います。
修正 | 削除
14181 Re: 「宗教と女性」を読んで
西村 2015/01/12 02:24
画像
雨宮さん、コメントありがとうございました。

画像は昨11日、パリで行われたテロに対する抗議と犠牲者を哀悼する大集会に呼応してパレスチナで行われた集会からの写真です。幼い子供がアラビア語で書かれた「私はシャルリーだ」(連帯の合言葉)のプラカードを持って笑っています。私は目頭が熱くなるのをおぼえました。この子供たちが大きくなるころには紛争のない平和な世界になってほしいと心より願わずにはいられません。
修正 | 削除
14183 Re: 「宗教と女性」を読んで
時津 2015/01/12 13:17
司馬遼太郎の「愛蘭土紀行機廚暴ゞ気砲弔い討弔のような言葉がある。清教徒革命のクロムウエルがアイルランドに攻め込んで、カトリックというだけで多くの住民を虐殺し弾圧したことにふれて、彼はいう。

「宗教は、水か空気のようである場合はいいが、宗教的正義という最も悪質なものに変化するとき、人間は簡単に悪魔になる。」僕は様々なテロ事件が起こるたびにこの言葉を思い出す。

僕はこのような変化は常に起こりうると思う。何故なら、人は、神の教えに接し、解釈する過程で己の知識や理解力あるいは経験や願望、育った文化等に影響される。その結果、宗教は意図的あるいは無意識であっても、自らに都合のいい形に近づいていく。

そしてそのような利害の一致する人々の集団が形成されたとき、それが「宗教的正義」となる可能性は否定できない。我々人間は、神の意図するところに反して、「悪魔」になる危険をその内面に抱えているといえよう。
修正 | 削除
14184 Re: 「宗教と女性」を読んで
西村 2015/01/13 03:15
時津さん、

コメントありがとうございました。

司馬遼太郎のことばはまったくその通りだと思います。でも彼の「宗教は水か空気のよう」であるべきだという表現はきわめて日本的だと思い、興味ぶかく感じました。
修正 | 削除
14185 Re: 「宗教と女性」を読んで
時津 2015/01/13 17:04
確かにそうですね。日本的というか、宗教に関して特異な民族かもしれません。よくいえば大らか、厳しくいえばいい加減ですね。これは仏教の影響かもしれませんが、私はそれはそれで悪くないと思っています。東南アジアでもアイルランドでも、生活の中に宗教があるというより、宗教を中心に生活があるという感じでした。
修正 | 削除
ページトップへ 以前の投稿
お名前
E-mail(任意)
入力情報の保存
保存する 保存しない
※投稿後に修正や削除ができるように、任意でパスワードを設定することができます。4文字以上8文字以内で入力してください。(注:半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみ使用可)
パスワード(任意)
タイトル
コメント
※任意で画像をアップロードすることができます。「参照」をクリックして、ローカルの画像ファイルを選択してください。(注:横幅300ピクセル以内、容量50キロバイト以内、JPEG形式/GIF形式で、必ず拡張子(.jpeg/.jpg/.gifいずれか)をつけること。また、ファイル名には半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみ使用可)
画像(任意)
※画像には任意でキャプションをつけることも可能です。(注:アップロードする画像ファイルが指定されていない場合は、入力するとエラーになります)
キャプション
(任意)
ページトップへ 以前の投稿
スレッド一覧表示
タイトル一覧表示
新規投稿
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 1 5 4 8 7 7 8
昨日の訪問者数0 5 7 3 6 本日の現在までの訪問者数0 1 7 5 4