1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
なんでも掲示板●詳細表示
一覧表示画面に戻る
14197 雨宮さん、お久しぶりです。
中山 2015/03/12 19:51
大仕事がかたずいてよかったですね。これまでの旅行以上に楽しさもひとしおだったんじゃないでしょうか。

これまで、カリフォルニア半島のクジラはてっきり餌付けされているのだろうと思ってました。そうじゃないとすると、母クジラが子クジラに触れさせる理由はなんなのでしょうね。
修正 | 削除
14198 Whale Watching
明子 2015/03/13 07:28
とても羨ましい画像とお話です。私も鯨に触ってみたいです!

鯨がそれほど人間にフレンドリーだとは知りませんでした。私も以前Whale Watchingに行きましたが、寒いのとひどい船酔いでそれどころではありませんでした。Whale Watchingは確実に鯨に遭遇できるわけではありませんが、その入江まで行けば確実に遭遇できそうですね。いつか行ってみたいです。
修正 | 削除
14199 やさしいクジラ
雨宮和子 2015/03/13 11:06
19世紀後半から20世紀初頭には人間によって絶滅寸前にまで追いつめられたクジラが、なぜ人間と接触をするようになったのかは、まだはっきりとはわからないそうです。でも、知能が高く、社会性に富んだクジラは、安全地帯で人間を許すようになったのだと、地元の人たちは考えているようで、科学者たちもそれを否定できないと言っているそうです。

サンディエゴでのwhale watching と違って、バハでは空気も水も暖かく、外洋に出ないので、風さえなければボートも揺れません。サンイグナシオに辿り着くまでが大変ですが、元気さえあれば、行くだけの価値はあります。

連れ合いの旧友は、クジラを見に遠くからわざわざ来たのだから、絶対に見逃したくないと言って、ボートに乗ればクジラをすぐ近くで見られると保証すると言われても、その確率を上げるために、3回もボート乗りに出かけました。私たちは1回だけで、十分満足したのですが。

中山さん、実は仕事は全部は片付けていなくて、旅行中の1夜はやり残した仕事のことを考えていて、眠れなくなってしまいました。それでも、行ってよかったと思います。
修正 | 削除
14200 クジラが起こした事故
雨宮和子 2015/03/13 18:32
バハ半島の南端、カボ・サンルーカスで急に浮上したクジラがボートにぶつかって、乗っていた観光客が海に投げ出されて1人が死亡したという記事を見ました。

その場所と私が行った所とは違うのは、カボ・サンルーカスは入り江ではなく、海ははるかに深く、波も高く、潮の流れも急であることでしょう。また、事故が起きた地点はクジラの子どもが生まれる場所ではないだろうと思います。

私たちがボートに乗り込む前に注意されたことは、クジラがボートにぶつかったことは1度もないけれど、乗っている人々全員が片方に寄ってボートが傾き、海に落ちる可能性はあるということでした。
修正 | 削除
ページトップへ
お名前
E-mail(任意)
入力情報の保存
保存する 保存しない
※投稿後に修正や削除ができるように、任意でパスワードを設定することができます。4文字以上8文字以内で入力してください。(注:半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみ使用可)
パスワード(任意)
タイトル
コメント
※任意で画像をアップロードすることができます。「参照」をクリックして、ローカルの画像ファイルを選択してください。(注:横幅300ピクセル以内、容量50キロバイト以内、JPEG形式/GIF形式で、必ず拡張子(.jpeg/.jpg/.gifいずれか)をつけること。また、ファイル名には半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみ使用可)
画像(任意)
※画像には任意でキャプションをつけることも可能です。(注:アップロードする画像ファイルが指定されていない場合は、入力するとエラーになります)
キャプション
(任意)
ページトップへ
スレッド一覧表示
タイトル一覧表示
新規投稿
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 1 5 4 8 8 0 9
昨日の訪問者数0 5 7 3 6 本日の現在までの訪問者数0 1 7 8 5