1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
なんでも掲示板●詳細表示
一覧表示画面に戻る
14260 ジョンソン氏と沖縄
時津 2016/01/01 21:23
政府高官であったアメリカの知識人の一人が、沖縄の人々の苦衷に深い理解を持っていたことを知り、複雑な心境になった。

植民地的支配を強いた当事者の中にこの様な人がいたことで、何かしら救われる思いがする一方、わが国の現状を思う時、暗澹とした気持ちにならざるを得ない。

ジョンソン氏が指摘したように、地位協定の実態は植民地的支配の強引な合法化であり、当事国両政府にとっては極めて不都合な真実といえる。

サンフランシスコ条約の締結と同日、日米安全保障条約は、平和条約締結の会議場とは別の建物でひっそりと締結された。条約に署名したのは代表団の中で吉田茂首相一人だった。この不都合な真実は現在も継続中である。
修正 | 削除
14261 Re: ジョンソン氏と沖縄
清っさん 2016/01/02 08:12
時津さんこんにちは、沼田です。ジョンソン氏と沖縄についての受け止め方は私も同じ意見です。

ただ安保条約締結の場面について、一点補足させてください。

私は数年前、会社に残る講和会議関係の一連の写真の精査をやりました。安保条約の締結は、講和会議終了の同じ日に、場所をサンフランシスコ・プレシデオの米第6軍司令部に移し行われました。
確かに、署名は吉田首相一人でしたが、その後ろに池田蔵相、星島自民党常任総務、一万田日銀総裁らの全権と、ほかに大野木、吉武の二人の全権代理が立ち会い、見守りました。署名を自分一人だけにしたのは、責任は自分一人が負うという吉田の考えだったといわれます。日本へ帰ったら、問題になるだろうと感じていたようです。

米側はアチソン国務長官とダレス全権が署名しました。

ネット上で出回っているものに、吉田の後方に米側が立って見守る写真がありますが、これは調印が終わった後に、日米を一枚に収めようとにカメラマンが注文し、演出して撮られたものです。よく見るとダレスらの後方に星島らの顔が見えます。

私はUチューブで、立会人の入れ替わりの場面のニュース映画を見て、その経過を知り、ああそうだったのかと納得したことを覚えています。
修正 | 削除
14262 Re: ジョンソン氏と沖縄
清っさん 2016/01/02 11:01
もう一点追加を。
講和会議には野党から民主党の苫米地委員長、緑風会から徳川議長が全権団に加わっていましたが、二人は日米安保の締結には立ち会っていません。

なお社会党は、講和会議の全権団には入っていませんが、視察議員団に三宅議員が加わっていました。
修正 | 削除
14263 Re: ジョンソン氏と沖縄
時津 2016/01/02 15:10
沼田さん、明けましておめでとうございます。貴重なご指摘ありがとうございました。新たな事実を知ることができて大変勉強になりました。

「日米地位協定入門、前泊博盛著」を読み返すと、確かに日米安保に署名したのは吉田一人だったと書いてあります。それを出席者が吉田一人だった、と僕は勘違いしてました。ご指摘の通りですので訂正させて頂きます。

読み返したついでに安保条約締結に関し、上記書籍に基き若干補足させていただきます。

調印場所はご指摘のとおり第6軍司令部内の下士官クラブでした。第6軍は日本を占領した部隊の一つであり、その下士官クラブという場所について、寺崎太郎(開戦前アメリカ局長、戦後外務次官)は、吉田一行と日本国民に「敗戦国」としての身の程を知らせるにはうってつけの場所ではなかったか、というのは自分の思い過ごしだろうか、と書いている。

安保条約はその内容を日本側で前もって知っていたのは、吉田とその限られた側近だけだった。アメリカは、それがアメリカにとって都合のいい一方的なものであるため、事前に日本国民に知られることを極端に恐れた。

日米安保を補完するため、日米地位協定の前身である日米行政協定が講和条約から半年後、ひっそりと東京の外務省庁舎内で結ばれた。この協定の内容を受け継ぐ形で1960年ワシントンで日米地位協定が結ばれている。

東西対立が強まる中、アメリカにとって、日本を意のままに自国の基地にできるこの地位協定こそ必要不可欠で重要なものであった。

日本にとって寛大な処置となった講和条約の陰で、日本は自国を植民地化することと引き換えに経済発展を目指す道を選択した。そしてその基本的構図は今も変わっていない。それどころか植民地状態に加えて、米軍と共に最前線へ出て戦う道へ踏み込みつつある。

戦後、大半の国民の知らないところで一人の男が独断で決めた道を我々はいまだに歩き続け、さらに危険な深みに向かおうとしている。

辺野古への基地移設に関する国と県の訴訟合戦が始まった。しかし残念ながら日米地位協定がある限り、わが国の司法がそれに反するような判断を下すことは極めて難しいだろう。
修正 | 削除
14264 Re: ジョンソン氏と沖縄
清っさん 2016/01/03 08:25
安保条約調印の会場が第6軍の下士官クラブだったことについて、そういう意味合いがあったというのは、初めて知りましたが興味深いことですね。

昨日、今一度資料に目を通して、さらに補足を。
安保条約調印の米側署名は上院議員2人もやっていました。

講和会議の視察では、議員団とは別に、片山社会党委員長も現地に行っていました。政府方針とは距離を置きながらも、見ておこうと思ったのでしょう。
修正 | 削除
ページトップへ
お名前
E-mail(任意)
入力情報の保存
保存する 保存しない
※投稿後に修正や削除ができるように、任意でパスワードを設定することができます。4文字以上8文字以内で入力してください。(注:半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみ使用可)
パスワード(任意)
タイトル
コメント
※任意で画像をアップロードすることができます。「参照」をクリックして、ローカルの画像ファイルを選択してください。(注:横幅300ピクセル以内、容量50キロバイト以内、JPEG形式/GIF形式で、必ず拡張子(.jpeg/.jpg/.gifいずれか)をつけること。また、ファイル名には半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみ使用可)
画像(任意)
※画像には任意でキャプションをつけることも可能です。(注:アップロードする画像ファイルが指定されていない場合は、入力するとエラーになります)
キャプション
(任意)
ページトップへ
スレッド一覧表示
タイトル一覧表示
新規投稿
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 1 7 5 5 5 6 2
昨日の訪問者数0 2 9 2 4 本日の現在までの訪問者数0 2 5 1 6