1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
なんでも掲示板●詳細表示
一覧表示画面に戻る
14274 ネパール出会い旅(10)旅の終わりのカトマンズ(上)
藤原 2016/03/11 17:31
お久しぶりです。
パシュパティナート寺院そばの火葬場の写真を見て、以前読んだ小説のシーンが蘇りました。遠藤周作の「深い河」に出てくる聖地バラナシのガンジス河畔のガートと同じ風景です。規模がやや違いますが。
ヒンドゥー教徒にとっての葬送とか信仰はこのような形なんですね。
バラナシのガートでは、遺骨の灰をガンジス河に流しその横ではヒンドゥー教徒が沐浴していると書かれていて驚きましたが、ネパールも同じなんですね。
修正 | 削除
14275 Re: ネパール出会い旅(10)旅の終わりのカトマンズ(上)
時津 2016/03/13 09:51
ご指摘の通り、規模の差があるだけです。ただバラナシの場合は壮大な規模の火葬場と沐浴場があり、視界にはそれしかなく、それは非日常の世界でした。

大規模な火葬場はノラ犬や牛がうろつき、荒涼とした眺めでした。カメラを向けることも厳禁で、観光客は遠く離れたガンジス川のボートから眺めるだけでした。

カトマンズは、煙をあげる遺体の前で子供が水遊びをし、その周りはカメラを構えた観光客で一杯でした。ありふれた日常の光景の中で行なわれる火葬に衝撃を受けました。

人々の日常の営みと死が隣り合っているのは、ネパールのヒンドゥー教徒にとっては当たり前のことなのでしょうね。文化と宗教の違いは大きいですね。つくづく世界は広いと思います。
修正 | 削除
ページトップへ
お名前
E-mail(任意)
入力情報の保存
保存する 保存しない
※投稿後に修正や削除ができるように、任意でパスワードを設定することができます。4文字以上8文字以内で入力してください。(注:半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみ使用可)
パスワード(任意)
タイトル
コメント
※任意で画像をアップロードすることができます。「参照」をクリックして、ローカルの画像ファイルを選択してください。(注:横幅300ピクセル以内、容量50キロバイト以内、JPEG形式/GIF形式で、必ず拡張子(.jpeg/.jpg/.gifいずれか)をつけること。また、ファイル名には半角英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)のみ使用可)
画像(任意)
※画像には任意でキャプションをつけることも可能です。(注:アップロードする画像ファイルが指定されていない場合は、入力するとエラーになります)
キャプション
(任意)
ページトップへ
スレッド一覧表示
タイトル一覧表示
新規投稿
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 1 5 6 0 8 8 2
昨日の訪問者数0 1 7 6 1 本日の現在までの訪問者数0 1 6 4 9