1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
以前の記事
ガルテン〜私の庭物語
27 一度は泊まってみたい名建築旅館
2021年3月6日
原田 美佳 原田 美佳 [はらだ みか]

東京都出身。学生時代から長年関わった韓国文化院を2015年末に退職。現在は、日本ガルテン協会の広報部長の仕事をしながら、これまで関わってきた韓国文化を日本に紹介するための著作、交流活動を中心に自分のライフワークを模索中である。共著書に『コンパクト韓国』(李御寧監修)、『読んで旅する韓国』(金両基監修)、「朝鮮の王朝の美」、『朝鮮王朝の衣装と装身具』などがある。
▲ 東光園の部屋からの朝陽。
▲ 菊竹清訓氏の空中ピロティ
▲ ロビー
一度は泊まってみたい名建築旅館にも載っていて、鳥取で十長生の会で行った「韓国の女性たちがこめた希い−鈴木千香枝コレクションー」の展覧会の開幕式の準備のときに、ちょっと日程を無理して泊まった皆生温泉の東光園。

今週のBS「バカリズムの大人のたしなみズム〜名旅館をたしなむ」でも、一度は泊まってみたい名建築旅館として、千葉の公共の宿とともにとり上げられていた。

菊竹清訓氏のピロティなどの建築も魅かれた理由だが、どうしても行きたかったのは浴場や庭が、彫刻家の流政之氏の作だったからだ。閑散期でもあったのか、かなり良い部屋に泊まれた。

サンシャイン60に韓国文化院があった頃に、尹鐸院長を訪ねてこられた流政之氏とほんの少し言葉を交わしただけだったが、印象に残る人物だったからだ。

流政之先生は、彫刻だけにとどまらず作庭など多彩な活動をされ、MoMAにも早くから永久保存作品として収蔵されるほどの作家である。しかし、東光園にもロビー横に参考資料のコーナーが設けられていた。日本語というより英語資料が多く、むしろ海外で有名だと実感する。

TVの浴場の写真と、人がいない時に撮った巨石などさまざまな石を用いた庭のような3つの浴場の写真と比べて、全然違うところみたいだね。蟹は時期が違い食べられなかったがどれも美味しかった、のどぐろも食べたの?と料理写真を目ざとく見つけた妹の感想だった。
それでも値段はけっこうリーズナブル。コロナ禍が過ぎたら、家族でまた行かなくては、と思う旅館である。
ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
27 一度は泊まってみたい名建築旅館
26 あかあかや あかあかやかや あかあかや あかあかやかや あかあかや月
25 美しさの追求
24 新春を寿ぐ
23 「四絶」とも呼ばれる特産品 龍井茶
22 六義園のテーマあれこれ
21 天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ〜後楽園
20 衣装を引き継ぐ
19 アフリカ 〜エチオピア・アディスアビバに旅してから
18 許榮一先生との出会い、1999年 −1
17 韓国文化院 開院40周年
16 女性の刺繍に託した思い
15 縁側
14 ひなまつり
13 楽友協会 〜ニューイヤーコンサート
12 ウィーン1999年 〜シェーンブルン宮殿日本庭園開園式
11 ソウル’88オリンピック〜30年前
10 ポジティブ・シンキング〜大国未津子さんのこと
9 翔和苑〜二河白道とヤン・レツル
8 平等院庭園の模型
7 花見
6 金徳洙さんとサムルノリ
5 我が家のお雑煮
4 トイレいろいろ、そして絶景トイレ
3 緑の桜
2 日比谷公園と本多静六氏
1 シーボルトが導いた日本庭園
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 2 4 5 7 0 6 9
昨日の訪問者数2 2 8 7 3 本日の現在までの訪問者数0 3 1 5 3