1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
以前の記事
やもめ日記
30 異常発生年誌
2020年7月29日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
▲ ハウスメートのフランと。
▲ フランが縫ったマスク。
▲ フランの作ったマスクをかけた私。
One evening in late December of 2019, I decided that during 2020 I would keep a weekly diary, writing one short essay a week about world events that seemed important and also events in my personal life. Because of the forthcoming U.S. elections I thought I would call it “Journal of a Plague Year,” not anticipating that I would, in fact, soon be writing about a real plague.

昨年12月の末のある夜、2020年の間は、世界の出来事や自分の私生活の中で大切だと思われる出来事を週に1度ずつ短いエッセイに書いていこうと決めた。翌年は大統領選挙があるので、それを「異常発生年誌」と呼ぼうと思った。そのときは本当の異常発生について書くことになるとは想像もしていなかった。

The second week of the new year my housemate Fran and I spent on the big island of Hawaii, where we had no internet service and enjoyed a very peaceful holiday. But by the third week, I was already noting in my diary that a flu-like epidemic had erupted in Wuhan and that the city was being closed to people entering and leaving. This was also the week my friend Kozy Amemiya held a large memorial service for her late husband, Thomas Royden, with many guests coming from both England and Japan. Three friends from Japan stayed with Fran and me and managed to fly home just in time.

新年の2週間目を、私はハウスメートのフランと一緒に、ハワイ島のインターネットの届かない所で平穏な休日を過ごした。が、3週間目になると、中国の武漢でインフルエンザのような疫病が蔓延していて、そこへの人々の出入りが禁止されていると書き留めている。また、この週には友人のコージー•アメミヤが亡夫トーマス•ロイデンの追悼式を行い、イギリスや日本から大勢の来客があった。そのうち、日本から来た3人は我が家に泊まり、無事帰国することができた。

By the fourth week -- the first week of February -- my friend David Arase, who has been teaching in Nanjing -- came by for a brief visit and reported that he could not return to China until further notice and would have to teach remotely via Zoom, which he has doing ever since from Hong Kong. By week 7, when a cruise ship had been quarantined in Yokohama, in the U.S. we continued to meet friends for lunch and go to concerts, while Fran’s son and his family -- who live next door to us -- went for a week’s vacation in Maui. By then I was reading several books about previous pandemics and was not surprised when, during week 8, the U.S. stock market lost 3,000 points because of worries about disrupted supply chains, travel, and the summer Olympics.

年誌の4週目、それは2月の第1週目になるが、南京で教鞭をとっていた友人のデイビッド•アラセが立ち寄り、中国には戻れなくて、すでに香港でずっとそのことをやっていたように、ズームで教えなくてはならないと言った。7週目になると、クルーズ船が横浜で下船禁止になり、アメリカでは私たちは相変わらず友人とランチで一緒になったり、コンサートに行ったりしていた。隣に住んでいるフランの息子は家族と一緒にマウイ島へ1週間の休暇に出かけた。その頃までには、私は過去の疫病についていろいろと読んでいて、8週目に中断した経済の流れや旅行やオリンピックへの懸念から、アメリカの株式市場は3000ポイントも落ち込んだ。

By week 9 -- the first week of March -- conferences, sports matches, and trade shows in the U.S. were being cancelled. When Fran went shopping she reported that hand sanitizer, disinfectant wipes, and face masks were almost impossible to find. (She soon set up her sewing machine and began making face masks for ourselves and friends.) I wrote an old friend who lives in Bologna, Italy, and learned that the situation in Milan was very serious and he and his wife were ‘self-isolating’ in their apartment. The following week the WHO declared we were in the midst of a world epidemic, and week 11 (during which I turned 83) was for us the turning point when staying at home became not an option but a necessity. Fran’s son is diabetic and began working from home, his two children were being home-schooled by their mother (who luckily used to be a teacher), we began to order much of our food (and alcohol!) delivered to our doorstep, and Fran began cooking more often for both families, even when we eat separately.

第9週間目、それは3月の第1週だが、アメリカでは会議や、スポーツの試合や、ビジネスの展示会などがキャンセルとなった。買い物に出かけたフランが、手の消毒用ジェルやアルコールウェットティッシュやマスクなどが売り場から姿を消していて、なかなか買えないと言った。(そこでフランはミシンに向かって、自分たちは友人たちのためにマスクと作り始めた。)イタリアのボローニャにいる友人に連絡すると、ミラノでの状況はもっと深刻で、彼ら夫婦はアパートに籠もっていると言ってきた。翌週、WHOが世界は疫病の真っ只中にいると宣言し、11週目(私は83歳になったが)は、家に籠るということは選択ではなく必要だという、節目となった。フランの息子は糖尿病があって家で子午をするようになり、二人の子供たちは家で勉強するようになり(幸いにも母親は以前教師だった)、私たちは食べ物のほとんどを(アルコール類も)自宅に届けてもらうようになり、私たちは離れて食事をするのだが、フランは自分たちと息子たちの家族の両方の食事を準備するようになった。

By now more than three months have passed, and we may well live like this for the rest of 2020 or longer. From time to time, we visit one or two close friends (like Kozy) and sit outside wearing face-masks. I’ve asked our maid, who works for several families and lives with others, not to come, although I continue to pay her. Our gardener fortunately remains healthy and mows our lawn once a week. In the evenings we watch rental films or TV shows. Among our favorites are an Italian detective series, “Inspector Montalbano,” and two Japanese programs: “Midnight Diner” and “Samurai Gourmet.” I watch an hour of news every evening and am amused to observe reporters, who are also self-isolating, in their interesting living rooms or kitchens instead of a studio.

それから3ヶ月以上がすぎた。私たちは今のままの状態で今年いっぱい、いやもしかしたらそれ以上長く暮らすようになるかもしれない。ときおり、私たちは(コージーのように)親しい友人に会いに行ったりするが、マスクをつけたまま、戸外に座っている。私のヘルパーさんは数軒の家で働いているので、お金は払うけれど、こないでくれと行ってある。庭師は幸いにも健康で週に1度芝生を刈ってくれる。夜はレンタル映画やテレビ番組を見たりする。私たちが気に入っているのは、イタリアの探偵シリーズの「モンタルバーノ警部」、そして2本の日本の番組「深夜食堂」と「野武士のグルメ」だ。毎晩ニュースを見るのだが、スタジオの代わりに家に籠もって自分たちの居間やキッチンにいるレポーターたちの姿にはおかしくなってしまう。

What I mostly miss is being able to visit museums and attending live concerts. I have a large collection of classical CDs, and they provide some comfort, and Fran and I have watched several online art history courses. Fran, who is ten years younger than I am, takes her son’s family dog for long walks every morning, and since she’s not shopping for fresh vegetables as often as she used to, she’s making lots of pickles. Since I have a swimming pool, both we and Fran’s family next door, are able to swim every day. Fran and I only occasionally went to restaurants or entertained at home, so our lives haven’t changed much in that regard. I do have a few elderly friends in retirement homes with whom I used to have lunch, but they are now confined to their rooms and unable to receive visitors. I write many emails trying to keep up their spirits, and I read (mostly nonfiction) books and write to keep up my own.

美術館やコンサートへ行けないのが一番残念だ。私はクラシック音楽のC Dをたくさん持っているので、それに慰められる。またフランと私はオンラインで美術史のコースを見た。フランは私より10歳若くて、毎朝息子の家族の犬を長い散歩に連れて行く。以前ほどたびたび新鮮な野菜を買いに出なくなったので、彼女はいっぱいピクルス(漬物)を作っている。うちにはプールがあるので、私もお隣のフランの家族も毎日泳ぐことができる。フランと私はたまにしかレストランで食事をしたり、人を食事に呼んだりはしなかったので、その点では私たちの生活はあまり変わっていない。退職者のためのホームに住んでいる何人かの友人とはたまにランチを共にしていたが、彼らは部屋に籠もっていて、訪問客を受け入れることができない。私はメールをどんどん書いて彼らが落ち込まないようにしている。またどんどん本を(ほとんどがノンフィクションだが)読み、年誌を忘れないように書いている。

Since I’m 83 and expect to die of something in the not too distant future, catching the virus does not seem as unfathomable to me as it might to a younger person. My chief worry is the possibility of infecting the people I live with and care about. Perhaps that’s also why I undertook this diary -- to leave some sort of record of this most unusual year.

私は83歳なので、そう遠くない将来になんらかの原因で死ぬことが予想されるから、若い人ほどウィールスが移るのは若い人ほどそう考えられないことではない。私が一番心配するのは、身近にいる人や大切に思っている人たちに移すことだ。それでこの年誌を書くことにしたのかも知れない。このもっとも以上な年のなんらかの記録を残すために。

(翻訳:雨宮和子)
ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
NEW
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
バックナンバー一覧
30 異常発生年誌
29 みんなへの頌歌
28 世間から遠くなっていく存在
27 青いバナナはもういらない
26 2019年の始めに
25 改善された私の目
24 Looking Ahead 新年に向けて
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 1 3 8 1 5 5 6
昨日の訪問者数0 3 3 2 1 本日の現在までの訪問者数0 0 8 1 9