1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
以前の記事
やもめ日記
25 改善された私の目
2018年2月20日
シーラ・ジョンソン シーラ・ジョンソン [Sheila Johnson]

1937年、オランダのハーグに生まれるが、10歳のときからアメリカに在住。大学で人類学、大学院修士課程で英米文学を学び、人類学博士号を取得。高齢化問題や日本について書籍や記事を出版し、夫が創設した日本政策研究所の編集者を10年間務めた。チャルマーズ・ジョンソンが他界するまで彼と53年の結婚生活を続けた。現在サンディエゴ在住。
This time last year I spent two days in January having each of my eyes operated on to remove cataracts. Since I’ve worn glasses for 60 out of my 80 years, the doctor also suggested that he could implant somewhat more expensive lenses that would correct my astigmatism. Then I would only need inexpensive enlargement glasses for reading. The operations themselves took about 10 minutes each, they were not painful, and I went home being able to see better almost at once. In many ways, it’s nothing short of a modern miracle. Still, this new body part takes a bit of getting used to.
去年の1月、私は2日かけて両眼から白内障の手術をした。80年の人生のうち60年間メガネをかけてきたので、ドクターはもっと高価なレンズを入れれば乱視も治ると言った。そうすれば安物の読書用の老眼鏡だけで済むのだ。手術そのものは片方10分ずつで、全く痛みもなく済んだ。そして帰宅したらほとんどすぐとてもよく見えるようになった。いろいろな意味で、これは近代の奇跡のようなものだ。それでもこの新しい部品に慣れるまでには少々時間がかかった。

I was twenty and hadn’t been married long when my new husband noticed how close I was holding books to my eyes. One afternoon, as we were walking along a Berkeley street, he pointed to a parked car some distance away and said, ”Tell me when you can read that license plate.” We were nearly on top of the car before I could. I went to the university’s optometry school, where students could get their eyes tested for free, and before long I had a prescription for ”reading glasses.” I still remember that when I picked up my new glasses I thought I’d try them on before getting home. So I popped them on my nose as I was walking and was amazed that all the trees and their leaves suddenly sprang into focus. What had I been missing?
結婚したばかりの二十歳のとき、夫は私が本に目に近づけて読むのに気が付いた。ある日の午後、バークレーの道を歩いていたとき、夫はちょっと遠くに停車してあった車を指差して、「あのナンバープレートが読めるようになったら言ってごらん」と言った。私がやっと読めたのはその車にぶつかりそうになったところだ。それで私は学生が無料で目の検査をしてもらえる大学の献眼学校へ行き、間も無く「読書用」メガネの処方箋をもらった。新しいメガネを取りに行ったとき、家に帰る前に試しにかけてみようという気になったのをいまでも覚えている。それで歩きながら早速メガネをかけてみると、焦点が合って樹木も葉っぱもはっきりと目に飛び込んできた。こんなことならもっと早くからやっておけばよかった。

Not surprisingly, I began wearing my glasses all the time - when I was cooking, reading, watching films. It simply became a habit, as it is for everyone who needs them to see the world relatively clearly. There are very few adult photos of me without eyeglasses - perhaps a couple of me dancing on board a ship en route to Japan and lying on the beach in Juan-les-Pins in a bikini, but certainly not of me sitting at a desk typing my husband’s (and later my own) dissertation.
当たり前のことだけれど、私は料理をするにも、読み物にも、映画を見るにも、いつもメガネをかけるのが習慣になった。周りを比較的はっきりと見るのにメガネが必要な人は皆そうだ。大人になってからの写真でメガネなしで写っているのはほとんどない。多分日本へ向かう船の中でダンスをしたときと、ジュアンレぺの海岸にビキニ姿で寝転んでいる写真ぐらいで、夫の(後には自分自身の)論文をタイプしているようなものは1枚もない。

Sometime in my mid-forties an optometrist suggested that I’d benefit from bifocals. My mother-in-law, who played the piano, wore trifocals, but I thought that was carrying things too far . . . until I acquired a computer. I then complained to my optometrist that I didn’t know which part of my bifocals to use: I was either tilting my head to look through the bottom part of my glasses, or else I was backing away to try to focus through the top part. He also recommended trifocals or ’graduated lenses,’ which have a tendency to make me seasick, so I ultimately settled on a special pair of ”computer glasses.”
40代のいつ頃だったか、検眼師から遠近両用メガネを勧められた。ピアノを弾くのが趣味だった姑は、遠中近の三焦点レンズのメガネをかけていたが、それは私にはちょっと行き過ぎだと思った、のはコンピュータを使うようになるまでのことだ。遠近のどっちでコンピュータのスクリーンを見たらいいのかわからないと検眼師に相談した。頭を反らせてメガネの下方から見るか、体を離してメガネの上方から焦点を当てようとするかのどちらだったのだ。検眼師は三焦点レンズか累進レンズのメガネを勧めた。累進レンズのメガネだと船酔いしたようになりがちなので、私は「コンピュータ用メガネ」をかけることにした。

As time went on, there were other things I couldn’t read or see through whatever lenses I was using: road signs when driving, the small lettering on maps, even the subtitles on films. Now, with my new ’implants’ plus cheap enlargement glasses all that has become possible again. But I feel a bit naked without something continually on my nose, and in recent photos I look a bit like an owl confused by the daylight. I also wonder whether I waited too long to get used to my new eyes.
時間が経つにつれて、どんなレンズを使っていても読んだり見たりすることができなくなってきた。運転中の道路標識とか、地図の小さい字とか、映画の字幕さえ読めなくなったのだ。いまは、新しい「インプラント」と読書用拡大レンズのメガネで、なんでも読めるようになった。でも何もかけていないとなんだか裸になったような気がしてくる。最近の写真をみると、私は昼間の明かるさで混乱しているフクロウのように見える。もしかしたら白内障手術を引き延ばしていたから新しい眼になかなか慣れないのかもしれないと思ったりもした。

I now have to wear sunglasses when going outside or driving and am always forgetting them. And I have to be sure to bring reading glasses along as well. I notice that around the house I’m often walking around with reading glasses on my nose because I simply forget to take them off. On the other hand, I’ve just discovered one new boon. Because the bridge of my nose is short and my skin oily, during all the years that I wore glasses, I had to choose nose-clips that kept my glasses from sliding down. But now I can buy plastic reading glasses with comfortable nose pieces because what one wants is glasses that sit far down on one’s nose.
いまは戸外に出るときとか運転するときにはサングラスをかけなければいけないのだが、いつも忘れてしまう。また、老眼鏡を忘れずに持って出かけるようにしなければいけない。家の中を歩いているときによく老眼鏡をかけっぱなしにしているのに気がつく。はずすのを忘れているのだ。他方、いいこともあるのに気がついた。私の鼻梁は狭くて皮膚が脂性なので、メガネをかけていたときはメガネがずり落ちないように鼻を抑えるようなものがついたメガネを選ばなければならなかった。でもいまは、らくに鼻にかかるプラスチックのメガネで済む。メガネは鼻の下の方にかけたいのだから。

(訳:雨宮和子)
ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
かくてありけり
沼田 清
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
NEW
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
きょう一日を穏やかに
永島 さくら
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
NEW
バックナンバー一覧
25 改善された私の目
24 Looking Ahead 新年に向けて
23 チャルマーズ・ジョンソンと沖縄
22 ジョン(下)
21 ジョン(上)
20 ポリー
19 さらば、オランダ
18 いとこのハンス ―その後(2)
17 いとこのハンス − その後(1)
16 いとこのハンス
15 子どもを持たなかった理由
14 口を開く前に…
13 猫になったのかもしれない私
12 猫と人間
11 ヨコハマ・ヤンキー
10 前を向くか、後ろを向くか
9 アリゾナ展望
8 旧知の仲
7 愛した猫たち(下)
6 愛した猫たち(上)
5 フクシマとサンオノフレ
4 日本語ができない私
3 吉祥寺 ― 1961年と50年後
2 チャルのベンチ
1 死を迎えるためのビジネス
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
0 8 3 2 5 8 5 4
昨日の訪問者数0 7 2 0 1 本日の現在までの訪問者数0 4 1 2 8