1989年創立 個の出会いと交流の場 研究会インフォネット
HOME 研究会インフォネットとは 会員規約 お問い合わせ
会員専用ページ
過去のINFONET REPORT カレンダー 会員連載エッセイ なんでも掲示板
会員紹介 財務報告
会員連載エッセイ
以前の記事
ぴくせる日記
43 遠距離教育
2020年12月31日
橋場  恵梨香 橋場 恵梨香 [はしば えりか]

アメリカ生まれ、日本育ちの日系二世。小学二年生から高校卒業まで東京のアメリカン・スクールに在学。2005年にサンディエゴ州立大学アジア研究学部を卒業、そして2008年に同大学にて言語学修士号取得。現在カリフォルニア州のマリーナに住み、サリナスにある公立高校で日本語教師を務める。
▲ 金曜日は「Cooking with Sensei」
▲ みんなで描いた「愛」
2020年の元旦エッセイを書きそびれたままあったいう間に一年が過ぎてしまった。年明け当時は予想もできなかったとんでもないこの一年を、元旦アップの代わりに年末アップとして振り返ってみたいと思う。

コロナはもちろん、世界中に広まった BLACK LIVES MATTER 運動、アメリカ大統領選挙でのトランプの敗戦、カリフォルニアでは史上最悪の山火事が多発するなど、大イベント・災難が続出。そんな中、私は私でアメリカの公立高校の日本語教師として、自分なりの葛藤があった。

2020年3月13日、私が教えているモントレーカウンティーのサリナスにある学区の公立学校は全て閉鎖となった。最初は「とりあえず春休み明けまで」のはずだった閉鎖は、今なお続いている。 結果、英語の日常用語に “Distance learning” という新しい言葉ができた。「遠距離教育」と訳すだろうか。つまり、学校には行かず、みんなそれぞれの家からパソコンを通してリモート授業をするということ。

アメリカは秋からが新学期だが、8月から受け持ったピカピカの一年生たちはパソコンの画面を通してしか会ったことがない。ズームというプログラムを使って授業をするが、生徒たちは画面の「一コマ」として映る。その一コマに実際顔が映るかどうかはまた別問題。家庭環境を見せたくない生徒のことを考え、うちの学区は生徒にリモート授業で顔を映すことを必須にしない。そうなると、ほとんどの生徒は寝癖ぼーぼー、パジャマでベッドに入ったままなのだからカメラをつける訳がない!30人中、5人顔を見せてくれればいい方だ。その他生徒は名前だけが書かれた真っ黒いコマになる。出欠の「はい」が終わったらちゃっかりまた寝に入る子は何人もいるだろう。ズームにログインしていても、顔を見せない、返事をしないことを「ゴースティング」という。(つまり、ゴーストのようにいるようでいない。これも日常用語に加わった言葉。)かつては教室で、30人の人間たちの反応やエネルギーを感じながら教えていた私たち教師は、今ではパソコンの画面にきちんと並ぶ真っ黒いコマたちに向かってどうにか変わらず元気よく教えることを要求されている。悲しい光景としかいいようがない(笑)。

そんな中、私たち教師はめげずに頑張るしかなかった。この新しい状況を悲観的に捉えてしまっては続かない。

三月から学校が閉鎖になり、自宅待機が始まり、落ち込んでいるはずの生徒たちをどうにか元気付けたいと思った。そこで同じサリナスで日本語教師をしている親友とコラボして「上を向いて歩こう」をそれぞれの自宅でギターの伴奏で歌い、ビデオに撮って編集し、生徒にシェアした。(ビデオはこちら: https://youtu.be/poeT_Qt9GRg

上を向いて歩くしかない。リモート授業の欠点ついて話し出せばキリがないが、実はいいことも意外とある。

イイことその一:通勤時間0分。
カリフォルニアは車社会なので通勤中の渋滞は付きもの。学校付近が一番ひどく、あわてる親や免許取り立ての16才たちにまぎれる朝の渋滞は極めて心臓によくない。リモート授業の場合は30分前に起きれば着替え、寝癖直し、そしてお茶を一杯入れることができる。朝型じゃない私にとっては以前と比べて睡眠時間が少しでも増えるのは嬉しいこと。一方の生徒は、授業の5分前に目覚ましを設定しているらしい(笑)。もちろん、目覚めない子もいる・・・

イイことその二:トイレに列がない。
うちの学校は先生が百人以上いるのも関わらず、スタッフ用お手洗いにはトイレが二つしかない。授業と授業の間の貴重な6分、先生たちはそれぞれの教室からトイレに目掛けてダッシュするのが見える。私の教室は不利にも少し離れたところにあるため、ダッシュは諦めて潔く列に並ぶ。しかしリモート授業だと列がなく、衛生用シートカバーだってしなくてよし!自分のトイレを使える幸せをつくづく実感している。

イイことその三:自宅でランチ。
うちの学校は生徒が集まって食べられる「食堂」という建物がない。外にピクニックテーブルがチラホラあるが、2500人の生徒に対応できる数ではない。結果、私の教室はお昼時間になると毎日ガヤガヤ生徒たちであふれていた。「ちょっとそこ、言葉が汚い!」「ゴミ!!!」35分のお昼時間は、落ち着く時間ではなかった。その一方、自分の家で過ごせるランチタイムは平和でたまらない。大学教授であるパートナーのダスティンもリモート授業をしているため、ほとんど毎日ランチを一緒に食べることができる。以前は離れている時間が多かった分、今一緒に過ごせる時間がとても貴重に感じられる。

***

リモート授業でも、工夫したらいろいろなおもしろいことが可能だということが見えてきた。

毎日ホームルームという時間があるのだが、金曜日は特別にパソコンを台所に持ってきて、“Cooking with Sensei” と名付けたレッスンをする。鉢巻を巻いてキューピー3分クッキングのテーマ曲を流しながら日本の食べ物や料理を紹介する。おにぎり、味噌汁、卵焼き、明太子パスタなど、簡単にできるものをその場で説明しながら作ってみせる。高校生は食べ物に弱いので、みんな興味深く反応してくれる。

離れていても協力しあってできるプロジェクトもいろいろ考えた。ひとつは、自宅待機が始まった頃話題になった星野源作曲の「うちで踊ろう」のミュージックビデオを作ること。このためにモントレーカウンティーの高校日本語教師10人と「ジャパンクラブ」(日本大好きちゃんたちが集まる部活)の会員たち、合計27人がコラボすることになった。それぞれ歌詞の一部を覚え、録画し、集まった動画を私がひとつの曲として編集した。星野源の原曲の他、実際歌ってくれた先生や楽器を弾ける先生もいるので、それぞれのタレントが披露されている。完成ビデオ(一分半)はこちら: https://youtu.be/K70vQsYwgSY

他には、ひとつの漢字を複数の人数で描きあげるアートプロジェクトもした。うちの高校で日本語を勉強している現役生徒、卒業生、そして先生二人が協力しあって「愛」という漢字を描くことにした。それぞれ決められた一部分だけ描き、みんなが描いた部分をパズルのように合わせると「愛」が完成する。このプロジェクトを実行するには、私が参加者のみんなに描いてもらう部分(白紙のメモカード)を郵便で送って、書き終わったあとそれをまた私の住所に送り返してもらうという作業をした。作る過程と完成作品が見れるビデオ(三分)はこちら: https://youtu.be/VSZmHUmjtMo

こんな遊びのようなことをして、何を身につけているのだろうかと思う人もいるかもしれない。しかし、「教育」というものには勉強以外にも大切な目的がたくさんある。どんな状況下でもめげずに、前向きに頑張っていける強さ、柔軟性、そしてクリエイティビティを育むこと。笑顔を忘れず、人と人との間の絆を大切にすること。「うちで踊ろう」ビデオも、「愛」プロジェクトも、みんな一度も顔を合わせることはなかったにも関わらず、それぞれがしっかりと自分の役目を果たし、みんなの努力が集結してできあがった作品である。離れていてもチームワークって可能なんだ、ということを実感してもらいたかった。生徒たちは人生にとっても大切なことを身に付けてくれたと私は確信している。

***

今はやっと冬休みに入り、一息している。コロナでどこにもいけない休みだが、おかげでうちでゆっくりできている。「遠距離教育」の中で教師を務めることは簡単なことではない。しかし、文句は一つもない。今まで健康を保てているだけでありがたい。仕事があるだけでありがたい。支え合える友人、家族、そして同僚がいるだけで、とてつもなくありがたい。

これからも上を向いて歩き続けようと思う。

------------------------------------------------

“Keep Your Head Up as You Walk”
(English Version)

Sadly, I’ve let this year come and go without ever having posted my 2020 New Year’s essay. But now that it’s the end of the year, I can write this essay in reflection of the craziness that none of us could have predicted at the beginning of the year.

The coronavirus pandemic, the world-wide explosion of the Black Lives Matter movement, Trump’s election loss, California’s historic and devastating wildfires-- this year has seen some major events as well as disasters. As for me, I had my own challenges as a public high school Japanese teacher.

On March 13, 2020, all schools in our district in Salinas, California went into closure. The shutdown that was initially planned to last only until the end of spring break still continues to this day. “Distance learning” is now a mainstream phrase in the English language. This means nobody goes to school, and everyone tunes into remote classes via their computers from home.

In the United States, we start the new school year in the fall, so I have only been able to meet my brand new freshmen through my computer screen. We use a program called Zoom, and the students become a little square on the screen. Whether or not a face appears in that square is another story. Our district does not require students to turn on their cameras in consideration of those who do not want to show their home environment. Will the students who are still under their bed covers with major bedhead turn on their cameras? Of course not. If I have as little as 5 students who show their face, that’s a good day. The others remain as a solid black square with their name plainly appearing across the center. I have no doubt I lose at least a handful of students to sleep after they answer “Hai” (yes) for attendance. Ghosting is the term to describe students who don’t appear nor respond-- another phrase that has fully turned mainstream this year. There was once a time when teachers could feel and gauge the reactions and energies of 30 other human beings in our classroom, but today, we are asked to maintain the same smile while faced with 30 perfectly lined black squares. A sad sight, indeed.

Under these circumstances, we teachers did not have an option to give up. And if we let ourselves despair in this new situation, there was no way we could sustain ourselves.

As the school shutdown began in March and stay-at-home orders followed, I wanted to figure out some way to uplift our students. With my best friend and colleague, I learned how to play the classic Japanese song “Ue wo Muite Arukou” (“Keep Your Head Up as You Walk,”) on the guitar. We filmed each of our parts, edited the videos together, and shared it with our students. (Here is the video: https://youtu.be/poeT_Qt9GRg)

We had no other choice than to keep walking with our head up high. I could go on and on about the woes of distance learning, but it turns out that there are some perks as well.

Perk #1: Zero commute time
California is a driving society, which means traffic is simply a fact of life. It’s worse as you get closer to school, and having to dodge flustered parents and newly-licensed 16-year olds is unquestionably bad for one’s heart health. Under distance learning, I’ll set the alarm about a half hour before my first class so I have just enough time to change, fix my hair, and make some tea. I have never been a morning person, so having the extra bit of slumber is a huge plus. As for the students, apparently they are barely getting up 5 minutes before class, as some have confessed. Some, of course, don’t wake at all...

Perk #2: No line at the bathroom
Although there are over 100 teaching staff at my school, there are only two toilets in the staff restroom closest to my classroom. In the precious 6 minutes that we have between classes, you can see teachers sprinting out of their classrooms. I am in a disadvantaged location in regards to the restroom, so I don’t even try and just get in line. Under distance learning, however, there is no line nor a need for those darn toilet seat covers! I am thoroughly enjoying the bliss of getting to use my own bathroom.

Perk #3. Lunch at home
Our school does not have a cafeteria where students can gather to eat. There are picnic tables scattered throughout the campus, but not nearly enough to accommodate the 2500 students we have. Consequently, my classroom always turns into a zoo during lunch time. “Hey, watch your language!” “TRASH!” Lunch time was not a time to relax. On the other hand, the lunch I get to have in my own home now is so remarkably peaceful. On most days I’m even able to have lunch with my partner Dustin, who is a university professor and also distance teaching. Under normal teaching circumstances we spent many hours apart each day, and our time together now seems all the more precious.

***

I began to see that even under distance learning, there are fun and creative things we could do.

Everyday we have “Advisory” class with a designated group of students, and on Fridays, I take the students (i.e. my computer) into my kitchen, where I do a lesson called “Cooking with Sensei.” I’ll tie a hachimaki bandana around my head and play the iconic Kewpie cooking show music on Youtube while I introduce some kind of Japanese dish. I’ll do something easy like onigiri (rice ball), miso soup, tamagoyaki (rolled omelette), or mentaiko (fish roe) pasta, which I can make for my students on the spot, live. Since high schoolers have a soft spot for food, they all react with genuine interest and curiosity.

We also came up with projects that we could do even though we are apart. One project was to make a music video with the song “Uchi de Odorou” (“Dancing on the Inside”) by singer Gen Hoshino, which became popular shortly after the stay-at-home orders. This project brought together a total of 27 participants, including the 10 Japanese high school teachers of Monterey county and student members of each of our Japan clubs. Everyone memorized their part of the song, filmed, and I edited the clips into one complete music video. Other than Gen Hoshino’s original soundtrack, the video also combines the audio of several teachers singing as well as playing instruments, showcasing their musical talents. Here is the completed video (1.5 min):
https://youtu.be/K70vQsYwgSY

We also did an art project where multiple participants collaborated to write a single kanji character. The current students, graduates, and teachers of the Japanese program at my school decided we would write the kanji for “love” (愛). Everyone drew their chosen part, and when the pieces were put together like a puzzle, the kanji was completed. In order to do this project, I mailed out the blank cards that each participant was responsible for, and also enclosed a stamped and addressed envelope that they could use to return the completed pieces back to me. Here is a video that shows the process and completed art piece (3 min): https://youtu.be/VSZmHUmjtMo

Some may wonder what students are benefiting from doing these silly projects. However, education is not just about students “studying.” It’s also about developing the flexibility, creativity, and strength that is necessary to persevere and overcome difficult situations; and in the midst of such difficult situations, finding a way to smile, and cherish the bonds we have with one another. Both the music video as well as the art project succeeded because everyone made an effort to do their part, despite never having met even once. I wanted students to experience for themselves that “teamwork” is possible, even when we are apart. I am certain they were able to take away something meaningful by having been part of these projects.

***

I’m currently on winter break, and finally finding some time to unwind. Thanks to COVID, we can’t go anywhere, but it’s been nice being able to just relax at home. It hasn’t been easy serving the title as “teacher” under distance learning. However, I have no complaints. I am grateful for the simple fact that I have maintained my health until now. I am grateful for the simple fact that I am employed. And I am deeply grateful for the simple fact that I have friends, family, and colleagues that support one another.

My plan is to keep walking with my head up high.
ページトップへ 以前の記事
ボーダーを越えて
雨宮 和子
葉山日記
中山 俊明
寄り道まわり道
吉田 美智枝
僕の偏見紀行
時津 寿之
ぴくせる日記
橋場 恵梨香
縁の下のバイオリン弾き
西村 万里
NEW
やもめ日記
シーラ・ジョンソン
NEW
ガルテン〜私の庭物語
原田 美佳
NEW
バックナンバー一覧
43 遠距離教育
42 天使になったぽっぽ
41 祖父のベンチ
40 カニを食べて分かったこと
39 10周年
38 予防型 VS. 後始末型
37 遠距離日記
36 子供がほしいと思えない理由(2013年5月現在)
35 富士山とスカイツリーのにらめっこ
34 不思議な国のきのこ
33 「一色」から「色々」へ
32 母の金メダル
31 個の出会いと交流の場・・・フェイスブック
30 Sky Tree
29 季節
28 千羽鶴
27 !?!?
26 新課題:ひと
25 なかよし
24 バターの代わり
23 Sakura in Santa Cruz 2
22 ハイキング
21 にょきにょき!
20 Spring has sprung!
19 Sakura in Santa Cruz
18 If life gives you lemons...
17 芽キャベツのあわれ
16 にっこりまん
15 チョコ
14 ナメクジに負けたアシカたち
13 マスコットの由来
12 蓮からナメクジへ
11 続・マカオ卒業アルバム:働き者
10 続・マカオ卒業アルバム:食
9 新生活アルバム:サンフランシスコ
8 続・マカオ卒業アルバム:住民(その2)
7 続・マカオ卒業アルバム:住民(その1)
6 新しい生活
5 祖父の桂林、陽朔で見つける
4 自分に似合った言語
3 マカオ恋しいものリスト
2 超級市場 vs 紅街市
1 日米恋しいものリスト
ページトップへ
Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved. Copyright(C) FORUM INFONET, All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等、全てのコンテンツの無断転載・複写を禁じます。
1 2 1 9 1 1 9 8
昨日の訪問者数0 5 1 1 8 本日の現在までの訪問者数0 0 0 2 9